topimage

2009-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶の時間 宮沢賢治 - 2009.11.11 Wed

今日Mさんに連れられて水野スウさんの 紅茶の時間 におじゃましました。

029_convert_20091111224645.jpg

エントランスへと続く素敵な階段
031_convert_20091111224438.jpg

”紅茶の時間”とは水野スウさんが毎週一回自宅を開放し誰でも集える場のことです。もうかれこれ20年以上つづいているそうです。
スウさんは笑顔がとっても素敵で誰にでも優しく声をかけてくださいます。安心できる気持ちになります。長い間続いている理由はそこにあるのだと思いました。

スウさんの著書など
016_convert_20091111224952.jpg

今日は宮沢賢治の研究家で語り部でもある岩手県出身の細川律子さんの朗読会があるというので楽しみにしてきました。

まずはワークショップ。賢治の作品を集まったみんなで配役を決め読み進めていくというものです。
今回は”どんぐりと山猫”です。
間違っても下手でもいいのだそうです。ゆっくりとそのものになりきって読むのだそうです。私はナレーションの最後の部分とどんぐり6をやりました。みんなで作り上げる物語です。不思議とみなさんはまり役だったように思います。

配役決め中
020_convert_20091111225135.jpg

ワークショップが終わると、休憩をはさみいよいよ細川さんの読み聞かせが始まります。
細川さんの静かで心にスッとしみ込んでくる岩手弁での宮沢賢治。なぜか懐かしくそして性別を超え時空を超えて賢治から語られているかのような錯覚を覚えました。

024_convert_20091111225424.jpg

023_convert_20091111225252.jpg

心象スケッチ。宮沢賢治は詩とは言わずこう名付けました。
だんだん薄暗くなっていく中、電灯ひとつの下、みんなが輪になり静かな語りに耳を澄まします。
賢治の世界に入っていました。

極めつけ、永訣の朝。これは自分の頭の中で、また、声に出して読んだことがあります。それでも心にグッとくるのですが、今日は打ちのめされました。
初めて本物の語りに出会った気がします。自然と後から後から涙がこぼれおちてきます。

何て贅沢で素敵なひと時だったのでしょう。
こういう機会を下さったMさんに感謝です。ありがとうございました。

子供が待っているので早々に退席です。去りがたかったです。
久しぶりに宮沢賢治、読み直してみたくなりました。

細川さん。とっても素敵な笑顔の優しい方でした。
028_convert_20091111225956.jpg
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

kana

Author:kana
紅茶、手作り、古いものが好きです。二人の子供とドタバタ毎日を過ごしています。2009年4月に石川県の能登に移住しました。
"ティーマイスター"(ルピシア認定)、
"ティーアドバイザー"(日本紅茶協会認定)資格あり。
和紅茶作りや紅茶教室を行っています。

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (45)
Tea (39)
家族 (3)
子どもたち (31)
友人 (2)
人生 (3)
好きなお店(能登) (2)
ハンドメイド (5)
米粉 (6)
パン (4)
フェアトレード (3)
能登の町 (13)
能登の祭り (10)
能登移住 (3)
ciel16 (4)
幼稚園 (7)
すきな街(自由が丘) (3)
大宮いろいろ (2)
絵本 (0)
イベント (3)

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

にほんブログ村 雑貨ブログへにほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ        blogram投票ボタン

グーバーウォーク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。